腰痛にならない体を維持する方法は意外なところにありました

ここでは、「腰痛にならない暮らし習性」がどのようなものなのか、具体的な例を挙げて、実践できる心象を掴んでいただけるよう紹介していきます。

でも、間違いなくそれを行えるすれば、体は瑞々しく若返っていくはずです。

それは、食事、運動、姿勢、睡眠です。

このような健康な暮らしを送るのは当たり前ですが、実のところに、それを決行するとなると大変です。

暮らし習慣の中にヒントがあります。

他にも体に負担を与えたり、偏った姿勢をしないよう配慮して、夜はぐっすり眠りましょう。

たったこれでけの事で、随分と腰痛はよくなると考えます。

食事は変色しないで、食べ過ぎたりしなよう気を付けましょう。

この筋肉の硬化を防ぐための暮らし習性がひつようになります。

その事例の多くは、筋肉が老朽化したり固くなる事から生じるものも多くあります。

腰痛は病の部類に入る「ヘルニヤ」や「狭窄症」以外で理由もなく腰痛になる事例もあります。

どれも自然の事な事のように思えていますが、実際は多くの人が、その事をないがしろにして、惰性のままに暮らししているのが現況です。

腰をフォローする骨格についている筋肉を鍛えるために、程よくな運動を行ましょう。

けれども、健康的な暮らしと言っても、何をやっていいのか分からないという人も多々あるでしょう。

4つの生活習慣の改善

これまでにも説明したように腰痛やしびれは腰椎だけの問題でなく、骨を支えている筋肉の状態が大きく影響していることがあります。

その筋肉を柔軟に保つ方法はは、食事や睡眠などの生活習慣から変えていく必要があります。

筋肉を固くするタンパク質と塩分の取り過ぎには注意しましょう。

背中が硬くなると腰にも影響が及び、腰が硬くなっていき、腰痛を引き起こすきっかけともなります。

そして、塩分の摂りすぎは腎臓などの重要な臓器に負担をかけ、内臓パフォーマンスの低下を招いて筋肉を硬くする要因となります。

必須以上に食事に過敏になる不可欠はないのですが、野菜と肉をバランスよく食べるようにしています。

好きなものを好きなだけ、お腹いっぱいになるまで食べていると胃腸に負担がかかります。

胃腸が疲れると、その影響は背中の筋肉が硬くなるという形で表れます。

適度な運動をしましょう。

激しい運動は厳禁です。ゆるやかな運動・ウォーキングがお勧めです。

腰痛対策のための運動をする場合は、激しいスポーツは関節や筋肉を損傷させるので控えた方がいいでしょう。

 

ももやお尻など、骨盤を支える筋肉の維持が目的ですので、ウォー キングゃ軽めめランニングなどで十分です。

日頃から姿勢が一番大切

その状況で、筋肉がこり固まると、急な激痛に見舞われる確率が高まります。

これはデスクワークなどをしている事例でも同じく。

私もこれで腰痛になってしまいました。

中には首ヘルニアという症状がでてしまう若者も多くなってきています。

また姿勢が悪いと、骨盤や背骨に悪影響を及ぼします。

いつも正しい姿勢を意識しておくよう配慮しましょう。

骨盤は姿勢によって前に傾いたり後ろに傾いたりを繰り返すもの。

背骨がs字の姿勢になった事例には、首や腰に不必要な負荷がかかっていないため、動きもスムーズに感じるはずです。

正しい位置に骨盤があれば、仙腸関節が正常に働き、そのぶん緩衝才能も高くなります。

腰痛のきっかけの一つでもあるのは正しい姿勢ができていないからです。

腰への負担が少ない目指す形的な姿勢は背骨がゆるやかなs字を描く形になっている姿勢。

鏡があるケースや、自らの姿が映り込む窓ガラスの前に立ったときなどに、意識するようにしておきましょう。

足をこしらえる、カバンを持つ時に片側ばかりに偏るなど、日ごろのクセも、知らず知らずのうちに骨格を歪めてしまうきっかけ必すので気をつけましょう。

これが肩こりや腰痛のもとにもなってきます。

姿勢が悪いと、首や腰に負荷がかかり、そこのところに痛みが発症する事がよくあります。

端に前傾になったり、後傾になったりすると、可動域が狭くなります。

特に現代ではスマートフォン病といいていいほど、前かがみになって猫背の若者が増大してきています。

最後になりましたが

寝ているときに人は背骨など体の微調整をしています。

しかも寝相が悪い事はいけない事と父母から言われてきていましたが、その実息子がベッドの上をゴロゴロと体をくねらせながら寝返りを反復する事は、寝ている間に体の歪みを治そうとする、人間に通常備わっている行動なのです。

それは、寝ている間に体を初期化することができているからです。

慢性的な腰痛や肩こりを持っている娘というのは、あまり聞いた事がないのですね。

こ例を挙げると筋肉が硬くて体が動かない、筋力がなく自由に転がる事ができない、眠りが浅く寝返りを打つ前に目が覚めるなど。

息子の頃は、みんな寝相が悪いと言われた事があるでしょう。

風邪などで体調を崩した時には、誰でも眠る事で回復させようとしますが、それと同じ事が体の骨にも行われているのです。

その行動こそが寝ているうちに無意識にしている「寝返り」ですただ寝返りができなくなっている人もいます。

本当は、人間は寝ている間に無意識に背骨や骨盤のすり合わせをして通常の正常に戻そうとする本能があります。